読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洞田創研究室

洞田創(とだはじめ)のブログです。只今、スケジュール的な問題で浮世絵(風イラスト)の作成依頼の受け付けは停止しています。ご迷惑をおかけしております。その他、ご用のある方はhajime_toda☆yahoo.co.jpまでご連絡ください。(☆を@にしてください)

【PR】九州圏の地場企業の皆様、オタクフィッシング用キャラクター作成依頼、募集しております。

本日のプリキュア雑感(10/25)

日記 プリキュア

ごきげんよう。

来週、ニチアサお休みなのでゼツボーグになりかけている洞田です。

 

さて、Go! プリンセスプリキュア第38話は「怪しいワナ…!ひとりぼっちのプリンセス!」です。

 

ちなみに、由緒正しいニチアサは、ちゃんと最後に次回予告をしてくれるため、吾ら大友の大多数は「クローズが学校に変身潜入し、皆の仲を裂く話」だというのは把握していたのですが、

こういうのは大体において「新しいお友達になって」「疑心暗鬼を引き起こす」パターンだと思っていたわけです。

 

まさか「南の島に撮影旅行」「パーティに出席」「ニセ展覧会に送り出す」「ペットショップに隔離」のような。物理で隔離する話だとは予想外でした。

 

ところで、話は終盤において、クローズが「夢を応援したらお前は一人になった。夢はお前たちをバラバラにする。夢とは絶望だ」と精神攻撃を行い、はるはるが「夢を応援してくれる仲間がいる限り、私はひとりではない」と反駁した後、カナタ亡命王子が「夢なんて持たなくていい」とはるはるの心にとどめを刺す、という展開になります。

 

ここ、老兵の大友としては、確かに「覚えていない自分の一言のせいで、目の前の少女が傷ついている」という状況では、「プリンセスにならなくてええ、ええんや!!(涙」とのたまう亡命王子のセリフは理にかなっており、それは十分優しいモノでありました。

(その論理展開が幼女に理解されるかは別として)

 

なお、描写的には「クローズに物理で負けそうな状況」の時に、亡命王子が出てきて、上述のようなセリフを言い、絶望したはるはるを見たクローズが「あいつが代わりにやってくれたからいいかw」と引き下がったので、ある意味では危機的状況から上手く脱出できたとも考えられます。

 

ちなみに、この、劣勢でも兵隊(プリキュア)が戦う気まんまんの状態で、大将(亡命王子)が戦闘意欲をなくすという構図、どこかで見たことあると思ったんですが、思い出しました。

 

鳥羽伏見の時の「慶喜、戦やめるってよ」ですよ。

 

それはともあれ、南様の時もそうですが、最近になって、今まで持っていた夢の見直しが行われている感じがしますね。友人の言を借りれば、「他人から与えられた夢を、自分の自立した夢に脱皮させるのが、テーマの一つ」ではないかと言うわけですが。

 

さて、次回予告で話し始めましたので、次回予告の話で話を締めましょう。来週プリキュアはお休みで、その次の回には、早くもプリキュアパワーアップ回の餌食になりそうなクローズさんでありました。