読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洞田創研究室

洞田創(とだはじめ)のブログです。只今、スケジュール的な問題で浮世絵(風イラスト)の作成依頼の受け付けは停止しています。ご迷惑をおかけしております。その他、ご用のある方はhajime_toda☆yahoo.co.jpまでご連絡ください。(☆を@にしてください)

【PR】九州圏の地場企業の皆様、オタクフィッシング用キャラクター作成依頼、募集しております。

本日のプリキュア雑感(11/29)

ごきげんよう。洞田です。

 

さて、本日のGO!プリンセスプリキュアは第41話、「夢かプリキュアか!?輝くきららの選ぶ道!」でしたね。

東京……じゃないジャパンコレクションのメインモデルに、若干中学一年生にして選ばれたきらら女史が、それとプリキュア活動のいずれかを選ばなくてはならなくなり、夢を蹴ってプリキュアを選ぶ、という筋書きでした。

この話は次回予告からすると、続きがあるらしく、女史はここでいったん夢をあきらめたことになりますが、次回で何らかの回復が行われるのでありましょう。

 

ちなみに、ゲストのモデルの女の子、キャラが立ってましたね。

 

しかし、最初に登場した時、モデルの仕事が忙しいからとプリキュア加入を断った女史が、ここにきてプリキュアを選択したのは感慨深いものがあります。

はるはるが絶望した回では「はるはるを残して仕事にいったら、まんまとクローズ(と亡命王子)に絶望させられた」ということもありましたが、これも伏線といえば伏線だったのでしょうか。

 

ところでなのですが、おそらくメインの視聴者である幼女先輩と、我々大きなお友達では、多分にこの回の終盤の感じ方が違うきがします。

終盤の展開、「いたしかたなく仕事をドタキャンしたら、他の仕事がなくなったよ(ニッコリ)」

これは幼稚園や小学校低学年の幼女先輩たちは、こう言われても「ふぅん」なのでしょうが、確実に大友殺しに来てますよね……これもうトラウマレベルのドシリアス展開ですよ。。

 

次回、話がうまくまとまりますように(切望)……

 

それでは、ごきげんよう。