読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洞田創研究室

洞田創(とだはじめ)のブログです。只今、スケジュール的な問題で浮世絵(風イラスト)の作成依頼の受け付けは停止しています。ご迷惑をおかけしております。その他、ご用のある方はhajime_toda☆yahoo.co.jpまでご連絡ください。(☆を@にしてください)

【PR】九州圏の地場企業の皆様、オタクフィッシング用キャラクター作成依頼、募集しております。

本日のプリキュア雑感(3/13)

キュアップラパパ!! 洞田です。

 

前番組の仮面ライダーは、グンダリ無駄遣いおじさんことジャベルさんが復活しましたね。アデルさんのクーデターもあり、風雲急を告げています。

 

さて、魔法つかいプリキュア!の雑感ですが、本日は、第6話「特訓! 魔法の杖! 先生はリコのお姉ちゃん!?」でしたね。

 

アイザック先生が腰痛でお休みになり、代わりに教育実習生で、リコの姉のリズさんが補習を受け持つことになった、という話でした。

 

教育実習生に補習を受け持たせていいのかと言う事はさておき、その補習の課題は水を任意の形に変形させ、10秒間保たせるというものでした。リズ先生の模範演技は「象の玉乗り」という、何故そのチョイスなのか分からないモノでしたが、とかく高度な技らしく、同じようなことをしようとしたリコは、ものの見事に失敗してしまいました。

 

どうも、リコさんは優秀なリズ姉にかなりのコンプレックスがあるらしく、先の玉乗り象の真似も含め、相当意識しているようですね。また、それが原因かと思うのですが、どうやら姉の方がもともと妹に相当の期待をかけていて、リンクルストーンダイアモンドのペンダントも姉から譲られたもののようです。

 

そんな姉に「あなたは出来る子だから」的な励ましの言葉をかけられて、思わずキレて逃げ出してしまったリコさんですが、今度は追いかけてきたみらいさんに「お姉ちゃんがプリキュアだったらいいのに」みたいなことを言って説教喰らってしまいました。

「(リコだったから)一緒にプリキュアになれた」けだし野に咲く百合のような名言であります。

深い友情でむすばれた友達(意味深)の二人じゃないと、変身できませんからね。

 

さて、今シリーズのプリキュアでは、敵の狙いがプリキュアそのものというパターンが散見されますが、今回はスパルダさんが、リコさんと間違ってリズさんを攻撃するという事案が発生いたしました。

 

更に、スパルダさんはどうにも相手を挑発をしないと生きていけないラッパータイプらしく、姉への攻撃のみならず、倒れた姉をDISるという超えちゃいけないラインの反復横跳びを行ったため、あえなくヨクバールは撃沈、オボエテーロに相成りました。リコさん、ホントはお姉ちゃん大好きっ子なんですからね。。

嘘でもいいから「奴は強敵だった(遠い目)」みたいなことを言いつつ攻めれば、いい線行くと思うんですけどね。

 

ああ、そうそう。リズ姉が「昔はいつも一緒だったんだけど、私が学校に入ってからしばらくするとよそよそしくなった(困惑)」って言ってましたが、それ思春期特有の症状なんで問題ないです。

 

それでは、キュアップラパパ!!