洞田創研究室

洞田創(とだはじめ)のブログです。只今、スケジュール的な問題で浮世絵(風イラスト)の作成依頼の受け付けは停止しています。ご迷惑をおかけしております。その他、ご用のある方はhajime_toda☆yahoo.co.jpまでご連絡ください。(☆を@にしてください)

【PR】九州圏の地場企業の皆様、オタクフィッシング用キャラクター作成依頼、募集しております。

落書き(3/22)

こんばんは。洞田です。

 

さて、今日もpixivsketchに出した落書きを置きますね。

 

〇物の怪を退治したるかたち

 

f:id:todahajime:20160322233100j:plain

煙草の煙を吹きかけている、という構図ですね。

ちなみに、これには元ネタがあり、『和漢百物語 小野川喜三郎』月岡芳年、が元になっています。

 

煙草の害の知識が広がり、禁煙や分煙が進んだ現在では、煙草は文字通り「煙たがられるもの」となっておりますが、江戸時代は体に悪いという意識はなく、逆に薬のイメージすらありました。客が来たらとりあえず煙草盆をすすめさえしていたのですから、世の常識は変わるものです。

 

さて、これのアタリは以下のとおり。

f:id:todahajime:20160322233101j:plain

机と怪獣の人形を描いていませんが、キャラを先に描いて、小物を合わせるという順序で描いていて、小物を書く前の段階をお出ししているのでこんな感じです。

なお、足元の線はパース線みたいなものです。パースといっても「地面に引いた、体と平行な線」ぐらいの意味ですよ。机を書くので平行を合わせておかないといけなかったためです。

 

それでは、ごきげんよう。

広告を非表示にする