読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洞田創研究室

洞田創(とだはじめ)のブログです。只今、スケジュール的な問題で浮世絵(風イラスト)の作成依頼の受け付けは停止しています。ご迷惑をおかけしております。その他、ご用のある方はhajime_toda☆yahoo.co.jpまでご連絡ください。(☆を@にしてください)

【PR】九州圏の地場企業の皆様、オタクフィッシング用キャラクター作成依頼、募集しております。

本日のプリキュア雑感(7/10)

プリキュア 日記

キュアップラパパ!! 洞田です。

 

さて、本日の魔法つかいプリキュア!は、第23話「これからもよろしく! おかえり、はーちゃん!」でしたね。

 

前回がキュアフェリーチェとしてのお披露目回とするならば、今回は「花海ことは」のお披露目回というわけであります。

 

はーちゃんは、体が大きくなっても自身のイメージが小さい頃を引きずっていて、それで起きるトラブル、というのがネタとして盛り込まれていましたが、ついでに精神年齢も若干追いついてなさそうなので、ちょっぴり心配です。

 

ちなみに、魔力(?)の面からするとおそらくポテンシャルは異常に高いということが判明いたしました。何もない空間から物質を取り出すことができるのは、「マホウ界そのもの」であるエメラルドの力なのでありましょう。

 

そういう意味においては、言ってみれば、はーちゃんというかキュアフェリーチェはマホウ界からナシマホウ界に垂迹してきた菩薩でありますので、変身バンクの最後が曼荼羅っぽかったり(多分、アールヌーヴォー様式の花をやろうとしたのでしょう)、必殺技がプリキュア・エメラルド・リンカネーション(リンカネーションとは再生の意味)だったりと宗教がかっているのもうなづけます。

 

なお、フェリーチェの力の根源であるエメラルドの緑色は「不死・再生」の色でありまして、同じ緑色の宝石であるヒスイが中国やマヤ文明において珍重され、死者の副葬品として使われるということも考えれば、これは象徴的に見れば、キュアフェリーチェとは再生を司る力を持っておると考えられましょう。

 

なお、そうなってくると、必殺技エメラルド・リンカネーションとは、ヨクバールという業(カルマ)の深い存在に対し、業を断ち切り転生させるという救済技ということになりますが、なるほど、クシーさんを涅槃に導いただけありますね。

 

しかし、救済といえば、今回、ヤモーさんの精神がヤバい所まで来てしまいました。ドクロクシー様恋しさに偶像を手作りして、それを拝み始めるという行為はかなりキテおりますから、手遅れになる前になんとかしていただきたいものであります。

 

さて、次回は劇的ビフォーアフターが見れるという事で、楽しみでありますね。

 

それでは、キュアップラパパ!!