読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洞田創研究室

洞田創(とだはじめ)のブログです。只今、スケジュール的な問題で浮世絵(風イラスト)の作成依頼の受け付けは停止しています。ご迷惑をおかけしております。その他、ご用のある方はhajime_toda☆yahoo.co.jpまでご連絡ください。(☆を@にしてください)

【PR】九州圏の地場企業の皆様、オタクフィッシング用キャラクター作成依頼、募集しております。

本日のプリキュア雑感(10/30)

キュアップラパパ!! 洞田です。

 

ハロウィンは10月31日だったような気がいたしますが、巷では週末との兼ね合いで、この土日という感じになっておりますね。

まあ、もともとケルトのお盆なのでありますが、イベント化されて宗教行事ではなくなったので、極東の島国JAPANでは、あまり期日は関係ないという事でありましょう。

 

ということで、ニチアサさんの方も「今日はハロウィン」と宣言されておられ(違う)、本日の魔法つかいプリキュア!は第39話「今日はハロウィン! み~んな笑顔になぁれ!」でしたね。

 

みらい女史の発案で、魔法学校の皆がつなぎ町のハロウィンまつりに参加する……という話でした。

リコさんが途中で「この日にはなくなった人の霊と共に悪い霊も戻ってくると考えられていて~」と説明しておりましたが、ちょいと補足をしておきましょう。

「仮装は悪い霊を驚かして追い払うため」という説のほかに、この日は悪い霊のみならず、魔物や魔女があたりをさまよい悪さをするので、「人間だとばれないようにして」被害にあわないという説もあります。

 

……ということは、そういう魔女除けの仮装をする人々の間に、「みんな(魔女対策の)仮装しているから本物の魔女連れてきても問題ないよね」ってぶっこんで来たみらいさん、それ考え方が若干、ホラーですよ。

 

ともあれ、ニチアサはそういう殺伐とした話じゃないので、今回のお話は「違う世界の皆が友達になれる可能性」という、おそらく最終回展開用の伏線の配置と、モフルンがプリキュアになりたいと思っていることを表明するという、見事な映画の宣伝回でありましたね。

ついでにチクルンもデレ始めた感じでありました。

 

さて、今回あらそうなんだ、と思うシーンがありました。戦闘シーンに差し掛かる所なのですが、幼女がお当番幹部ベニーギョさんに飴を渡していて、そこで、気付いたのですが、もしかしてベニーギョさん達デウスマスト眷属さんは、普通の人間サイズより一回り大きめなんでしょうかね。着ぐるみ呼ばわりされていますし。

あんまり意識していませんでしたし、いつも雲の上で会議しているので大きさがつかめなかったのですが、なるほどそれは異形感がありますね。

 

ちなみに、戦闘シーンはベニーギョさんとドンヨクバールに「ハロウィンを邪魔すんな!!」とガチギレして3人のプリキュアが襲い掛かる構図になりました。結局、ハロウィンって何だったんだろう、といって帰るベニーギョさんからしてみたら、何で怒っているかも不明だったのではないでしょうか。いつも意思の疎通が取れてませんね。。

もとより、神の眷属だとするならば、一方的に慮られる存在であり。その意思を推しはかられる存在なので、仕方ないかも知れませんね。

 

さて、次回はお休みで、再来週はリコさんの誕生日だそうです。リコさんのママンも登場という事で、楽しみですね。

 

それでは、キュアップラパパ!!