読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洞田創研究室

洞田創(とだはじめ)のブログです。只今、スケジュール的な問題で浮世絵(風イラスト)の作成依頼の受け付けは停止しています。ご迷惑をおかけしております。その他、ご用のある方はhajime_toda☆yahoo.co.jpまでご連絡ください。(☆を@にしてください)

【PR】九州圏の地場企業の皆様、オタクフィッシング用キャラクター作成依頼、募集しております。

本日のプリキュア雑感(12/25)

メリークリスマス(震え声)。洞田です。

 

さて、本日の魔法つかいプリキュア!は、第46話「魔法のクリスマス! みらい、サンタになる!?」でしたね。

 

今回は、タイトルのとおりクリスマス回ということでしたが、

 

①サンタクロースはマホウ界ナシマホウ界ともども実在の存在である。

②「サンタクロース」は職業若しくは行為に近く、マホウ界の一般人がサンタクロースをしてもよい。

③サンタクロースは魔法使いである(なお、ナシマホウ界では魔法使いであることは知られていない)。

②中学生まではサンタクロースにプレゼントを依頼しても良い。

 

等々の設定を入れてきたので中々カオスなことになっておりました。

まあ、サンタクロースは実在、ということにしないとプリキュアを見ているメインターゲットのお友達からクレームがついてしまうので、これは仕方がないことではあります。

 

というわけで、話の筋としては、持病で戦線離脱したアイザック先生の代わりに、みらリコはーちゃんがサンタクロースになって、プレゼントを届けるというものでしたね。

また、戦闘シーンに結びつくもう一方の流れとして、クリスマスイブの夜にまゆみちゃんと僕らの勝木さんのデートがありました。

 

その中で、勝木さんは清く正しいムー民として、UFO・UMA・魔法使いの実在を信じ、それが元でハブられても「俺は魔法使いを見たんだ。世間が何といおうと、俺は俺を信じる!!」という信念のもと、活動していることが明らかになりました。

 

……あ、コレ先日見た黄金の精神ってやつや!!

 

ちなみに、勝木さんはクリスマスプレゼントに「魔法使いに会いたい」ということを願っておりましたが、まゆみちゃんともども今回の戦闘に巻き込まれることで無事、伝説の魔法使いプリキュアに会って、言葉を交わすことができました。良かったですね。

また、これによってまゆみちゃんもムー民の仲間入りです。ようこそ長瀬さん。

 

ところで、2016年最後のプリキュアということで、最後の30秒ぐらいでデウスマスト顔見せでもあるのかと思っておりましたが、普通におわりましたね。

デウスマストさんは次回、1月8日に登場してくるようです。

楽しみですね。

 

それでは、キュアップラパパ!!

 

追伸:結局、ベニーギョさんのサンタ姿はやっぱりああいう使い方ですよね。