読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洞田創研究室

洞田創(とだはじめ)のブログです。只今、スケジュール的な問題で浮世絵(風イラスト)の作成依頼の受け付けは停止しています。ご迷惑をおかけしております。その他、ご用のある方はhajime_toda☆yahoo.co.jpまでご連絡ください。(☆を@にしてください)

【PR】九州圏の地場企業の皆様、オタクフィッシング用キャラクター作成依頼、募集しております。

本日のプリキュア雑感(12/04)

プリキュア 日記

キュアップ・ラパパ!! 洞田です。

 

時が経つのは早いもので、もう、12月。

プリキュアもあと二か月となってまいりましたね。

新作のプリキュアの情報も解禁されてきまして、年末といった趣です。

www.animatetimes.com

 

さて、本日の魔法つかいプリキュア!は第43話 「いざ妖精の里へ! あかされる魔法界のヒミツ!」でしたね。

 

世界設定の説明回、と申しあげましょうか。神話回と申しあげましょうか。そういった具合の内容でしたね。

プリキュアは意外と、その存在や話が神話まで及ぶということは良くあるのですが、(例えば、ハピネスチャージプリキュアでも神と世界のつながりが語られましたね)、今回は、より壮大な感じになりました。

 

まず、今回のプリキュア世界はどうやら北欧神話に代表される「世界樹」の世界観であり、「原初の楽園」を、その世界樹を憑代とした地母神「マザーラパーパ」が治めていた、という設定のようです。

そこに異界神である混沌の神デウスマストが12人の眷属(神)を引き連れて攻めてきて、マザーラパーパはそれを辛くも撃退したものの、力尽きてしまいます。また、世界樹が倒れることにより原初の楽園は崩壊、世界樹を失った世界はナシマホウ界として、時空のはざまに漂った世界樹はマホウ界として分裂したようです。

なお、原初の楽園から世界樹が失われて、ナシマホウ界になった時、一つの超大陸だった世界が、現在の大陸構成になっていくというシーンがありました。ということは、超大陸の頃の物語という事で、とてつもない古い話という訳ですね。

赤いセント君たるラブーさんが、復活後、世界を見て「変わったなぁ」と言ってたのはそういう事だったのですね。そりゃ、変わります。

 

ちなみに、こういった「地母神殺戮」の形態というのは、神話の世界で良くある話で、その地母神の遺骸から、いろんなモノが生まれるという類型の話となります。この場合は、マホウ界やナシマホウ界が出来たきっかけとして語られているわけですが、たいていの場合、それをきっかけとして世界や文明は成長していくので、元に戻るという事は想定されていません。

マホプリ神話の場合は、「地母神を継ぐ者」「元に戻すもの」として、未来神たるプリキュア来訪が設定されている点が特殊ですね。

 

なお、ラパーパが力尽きる際、リンルストーンダイアモンドで生じるあの盾のようなものがひび割れ、二つに分かれるシーンがありましたが、あのおかげでプリキュアが二人で一人になったのですね。色々深いものです。

 

さて、話は変わってデウスマスト側のお話。

かつてドクロクシーさんが大層大切に持っていた闇の魔法の本ですが、意外と普通の研究ノートであることが判明しました。その割には豪華な装丁をしていますが。。

ということで、そのノートを手に入れたオルーバさんですが、今回、とりあえず、それを使ってスパルダさんを甦らせてくれました。

お久しぶりですスパルダさん。

次回予告によるとガメッツさんとバッティさんも復活するので楽しみですね。

 

ちなみに、スパルダさんは例によって旧来のヨクバールを出してくれたわけですが、今の主力はドンヨクバールVSプリキュアエクストリームレインボーの時代なので、フラワーエコーワンドのエメラルドリンカネーションでやられてしまいました。

 

……ん。

 

もしかしてこれ、クリスマス商戦へ向けて、レインボーキャリッジ&プレシャスブレスの商品展開にプラスして、フラワーエコーワンドも加えようとしています?

まあ、資本主義ですからね。

 

さて、スパルダさんは今日で退場かと思いきや、虹の彼方に飛ばされても舞い戻ってまいりました。先述しましたがガメッツ・スパルダさんも次回復活するので、三幹部勢揃いとなります。たのしみですね。

 

それでは、キュアップラパパ!!

 

追伸:チクルンのとりあえずの出番は今日で終わりのようです(おそらく最終盤にまた出てくると思われますが)。チクルン編楽しかったですね。

 

 

 

男の娘の描き方について~洞田ラボ通信No.2

お絵かき講座 サブカル

こんばんは。洞田創です。

 

これは、いわゆる個人的な備忘録的モノであります。
男の娘キャラの描き方について、考えてみたわけであります。

小生、広文メソッド、あるいはトダ式アタリというので絵を描いているわけですが、
その描き方をした場合における、派生キャラの描き方と申しましょうか。そういったわけであります。
※広文メソッドが何なのか、という方はタグの方にある、「お絵かき講座」を見て頂ければと。

それでは、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

f:id:todahajime:20161129192903j:plain

 

本日のプリキュア雑感(11/27)

プリキュア 日記

キュアップラパパ!! 洞田です。

 

最近、めっきり冷え込んでまいりましたね。

 

さて、本日の魔法つかいプリキュア!は、第42話「チクルンにとどけ! 想いをのせた魔法のプリン!」でしたね。

 

冒頭、チクルンが何故オルーバの手下になったのか、の説明がありましたが、「さぼってたのを妖精の女王にちくると脅されたため」という、まあ、何ともこう、小さい内容でございました。

とはいえ、妖精の子どもとしては、「女王にしかられる」ということは重大なことであり、その子どもらしい感覚を、大人であるオルーバが利用したという非常に胸糞案件だったわけであります。

まあ、ワンチャン妖精の女王がとてつもない圧政を敷いており、法家思想にでも凝り固まっていて、花の里は勤労しなければ処分されるというディストピアである可能性もありますが(ない

 

さて、そんなこんななチクルンの立場もついに変化することになります。

オルーバ様以外脳筋のデウスマスト眷属さんたちですが、シャーキンスさんが痺れを切らして決戦に臨もうし、ビビったチクルンがリンクルストーン等を取り上げてしまえば、プリキュアは戦闘力を喪失すると提案。言いだしっぺとしてそれを実行させられる、という羽目になりました。

 

しかし、とりあえず盗み出したのは良いモノの、結局シャーキンスさんは脳筋なので「やっぱりプリキュアやっつける」と約束を反故にし、巨大化してリンクルストーンを飲み込み、最終戦闘展開になりました。しかも、巨大化は負けフラグなので、いとも簡単に表返ったチクルンの体内への侵入を許し、スマホンとリンクルストーンの一部を奪還され、普通に変身されました。ダメじゃん。

 

しかも、モフルンとプリキュアがチクルンとの友情を深めた結果、うっかりトパーズの力を増してしまい、形勢を逆転され、虹の彼方に飛ばされてしまいました。

 

良い子の皆、約束は守ろう!! 後、女の子を怒らせないようにしよう!!

 

ちなみに、フレッシュプリキュアでもハピネスチャージプリキュアでも食べ物は光落ちの象徴なのですが、今回もご多分に漏れず、プリンがキーアイテムとなりました。まあ、その前にホットケーキを食べたことに始まり、冷凍ミカンで友情をはぐくんでいますから、プリンだけではないのでありますが。

 

さて、次回は、チクルンを許してもらうために、一同で妖精女王に謝りに行く、という話っぽいのですが、予告によるとなんか花の里も大変なことになりそうで、どきどきですね。

 

それでは、キュアップラパパ。

 

追伸:デウスマスト眷属は全員、人間よりサイズが大きいと思っていたら、一人オルーバさんだけ普通サイズのようです。意外でした。

本日のプリキュア雑感(11/20)

プリキュア 日記

キュアップラパパ!! 洞田です。

 

もう年末も見えてきたころで、商店などはクリスマスという都市伝説の準備を始めた頃ですね。

 

さて、本日の魔法つかいプリキュア!は、第41話 「ジュエリーな毎日! 魔法学校へ放課後留学!」でしたね。

 

ジュエリーな毎日などという、宝飾ブランドの宣伝文句っぽい響きのタイトルでしたが、別にミトメールは起きなかったようです。謎ですね。

内容としては、放課後に魔法学校に行って、時間が合えば午後の授業を受ける、という二重生活を始めた、という所でしょうか。中学生にしては忙しいような気もしますが、考えてみればそれは部活や塾などと同じような時間帯なので、あまり負担もないのかもしれません。

 

また、そのようなことが出来る原因として、マホウ界とナシマホウ界との距離が近くなったということになっておりましたが、チクルンさんの報告を受けたオルーバさんは「そろそろだねぇ」とか「デウスマストの力の兆し」みたいなことを供述おり、さも関連があるようなことを匂わせておりました。

もしかして、混沌の代名詞デウスマストさんが降臨すると、ナシマホウ界とマホウ界が近くなるどころか、ぐちゃぐちゃに入り乱れるみたいなことが起きるのでありましょうか。

てっきり、先週の絵本の事例から、相互交通不能みたいな障壁が出るイメージでとらえておりましたが、どうなるのでありましょうね。

 

ちなみに、今回、みらリコの様子を見た校長が、唐突に友情っていいよねモードになり、クシーさんの思い出話をしだしました。いったいいかなることかと訝しんでおりましたら伏線で、オルーバさんがクシーさんの本を回収したこともあり、どうやら事態は大きく動いていくようです。

(みらリコのあの状態を見て自身の友情を想起した場合、校長とクシーさんの関係もそれと同じく「親密なもの(意味深)」だと邪推してしまいますがよろしいか?)

 

おっと、そうそう。事態は動いていくと言えば、予告によればシャーキンスさんが巨大化してしまったので、これは退場フラグになる気がするのですが、心配ですね。

 

それでは、キュアップラパパ!!

やってみよう!!ストレスフリーぬりえ

小ネタ サブカル 研究及び成果物(ネタ)

こんばんは。洞田です。

さて、唐突なお話ですが、着彩の方法でグリザイユという方法があり、最近はそれで適当に遊んでおります。

 

これはデジタルで描く場合には、グレースケールで明度を最初に指定してしまい、その上にレイヤーをおいて、オーバーレイで色を付けていく……という方法となっています。

 

そこで、閃いた訳ですよ。

予めグレースケールで描いたものがあれば、後はベタ塗で行けるんじゃないかと。

 

そういうわけで、下に用意しましたのは、グレースケールの下絵と色見本をくっつけたモノ。

いうなれば、「ストレスフリーぬりえ」でございます。

 

f:id:todahajime:20161114061656j:plain

 

使い方は簡単、この下絵を保存し、フォトショップやらSAIやらクリスタやら、とにかくレイヤー機能のあるお絵かきツールで開いて、この上にオーバーレイのレイヤーを載せるだけ。

後は、スポイトで左の色見本をとって、べた塗をすれば、下のように勝手に影が付いてきてくれます。

 

f:id:todahajime:20161114022906j:plain

 

ちなみに、色の置き方で悩むとストレスが発生して元の木阿弥なので、下に色を付けた見本をおいておきます。

もちろん、別にこれが正解とかそういうわけではありませんで、色の選択などは自由にやって良い訳です。左の色見本もそれに沿う必要はありません。

 

f:id:todahajime:20161114023228j:plain

 

なお、自分で効果を足したり、描き加えても良いでしょう。

 

 

ちなみに、これは塗り絵する人間はストレスフリーですが、製作者は微妙な調整を迫られストレスフルになるので二作目はありません。(疲れました)

 

それでは、ごきげんよう。

本日のプリキュア雑感(11/13)

プリキュア 日記

キュアップラパパ!! 洞田です。

 

さて、先週はお休みでしたプリキュアが再開しましたね。

本日の魔法つかいプリキュア!は第40話 「愛情いっぱいのおめでとう! リコの誕生日!」でした。

 

内容としてはリコの誕生日でリコの家族が朝比奈家に押しかける……という話でしたね。リコさんの誕生日は毎回盛大に行われているようですが、「ナシマホウ界では違うの?」とリコさんが言っていた手前、マホウ界ではアレが標準なんでしょうか。

 

また、リコさんの母親はリリアさんという、(主に平野レミによって)殺伐とした料理界にさっそうと現れたカリスマ料理研究家だそうです。ナシマホウ界の方で活躍なさっていたのですね。

若干話し方とか服装とか髪型とか、アレな感じがしますが子ども思いの良いお母さんということです。

 

さて、こういう回では伏線をぶっこんでくるのがプリキュアの基本なのですが、今回はリリアさんの読む絵本がそれでありましたね。

二つの月が~というのは、デウスマスト接近か何らかの方法によりマホウ界とナシマホウ界が分断せられ、プリキュアの活躍によってふたたび通行可能ということになる、という事でありましょうか。

もしくは、元々マホウ界とナシマホウ界が接近していたのを通常の状態と設定し、最終展開ではマホウ界、ナシマホウ界の距離が現在より縮まるみたいな話になるのでしょうか。

どちらにしろリコ、みらいの別離エンドではなくなりそうですが、どうなるんでしょうかね?

 

さて、戦闘ですが、今日のシャーキンスさんは封印から抜けだした時に消耗した力が戻ったわい、ということでプリキュアに大画面で「終わりなき混沌デウスマストのここがすごい」というプレゼンをしてくれました。優しいですね、シャーキンスさん。

 

しかし、デウスマストさんは惑星にぶつかる=惑星粉砕になるほど、かなりでかいっぽいので地球到達=地球崩壊ということになりそうです。

だんだん地球に近づいてくるよ、というのではハートキャッチプリキュアデューン様がいましたが、あれより切迫感がありますね、

 

なお、どうやらマホウ界=ナシマホウ界の連絡が早くなったということで、次回からは放課後にマホウ界に行く、という二重生活の展開になるようです。楽しみですね。

(まてよ、そうなるとマホウ界が通勤圏内になるということか……)

 

それでは、キュアップラパパ!!

落書き(11/01)

日記 落書き

こんばんは。洞田です。

 

ちょっと前からグリザイユという塗り方の練習として、落書きをpixiv sketchに出していたのですが、ちょっとたまってきたのでここに出しますね。

 

ちなみに、順不同でありますよ。

f:id:todahajime:20161101014934j:plain

f:id:todahajime:20161101014713j:plain

f:id:todahajime:20161101014712j:plain

f:id:todahajime:20161101014711j:plain

f:id:todahajime:20161101014710j:plain

f:id:todahajime:20161101014708j:plain

f:id:todahajime:20161101014707j:plain

f:id:todahajime:20161101014702j:plain

f:id:todahajime:20161101014703j:plain

f:id:todahajime:20161101014705j:plain

f:id:todahajime:20161101014704j:plain

f:id:todahajime:20161101014706j:plain

f:id:todahajime:20161101014700j:plain

f:id:todahajime:20161101014701j:plain

f:id:todahajime:20161101014658j:plain

f:id:todahajime:20161101014659j:plain

 

それでは、ごきげんよう。